看護保健学部 口腔保健学科

専門知識と技術、深い知性と豊かな教養を身につける。

学びのポイント

01 4年間の体系的な学びで口腔保健学を修得。知識と専門性を備えた歯科衛生士に

経験豊富な歯科衛生士をはじめ、看護や社会福祉などの専門性を持つ教員より、様々な角度から口腔保健学が学べます。
また歯科医師資格を持つ専任教員は、解剖学・病理学・口腔衛生学・臨床歯科学などの教育・研究実績があり、より高次な学びが期待できます。

02 教養科目の履修と学部内の連携、充実の実習体制で、基礎力と専門力を身につける

医療人に必須となるのが、患者や医師、他の医療従事者との連携。その基礎となる教養をエレガンス科目(共通教育科目)によって身につけながら、看護学科と連携し、「口腔の健康と全身の健康」をトータルに学びます。さらに多様な臨床現場を経験することで見識を広め、自分の適性・目標を明確にします。

03 養護教諭免許の取得で教員に、専門を極めるために大学院へ。卒業後の選択肢も広がるカリキュラム

歯科衛生士の受験資格はもちろん、学校の保健教育を担う養護教諭の免許状取得もめざせます。
さらに口腔保健学を専攻する大学院への進学も視野に入れ、学びを深めることが可能。
歯科衛生士の資格を持ちながら、医療機関以外の場でも活躍することが可能なカリキュラムが特徴です。

めざせる資格・免許

  • 歯科衛生士国家試験受験資格
  • 養護教諭一種免許状(選択)
  • レクリエーション・インストラクター(選択)
  • 医療管理秘書士(選択)
  • 診療実務士(選択)

4年間の学びの流れ

1年次 まずは幅広く教養を学び、口腔保健の基本的な知識を身につけます。

教養や情報、外国語といった共通教育科目を学ぶとともに、解剖学や生理学、口腔衛生学、細菌学など、口腔保健の基礎となる人体の基礎や人体と環境について学びます。
春休みには基礎実習もスタートし、2年次から本格化する専門科目に向け、歯科クリニックの見学を行います。

続きを見る

2年次 より専門的な口腔保健の知識と技術を習得し、海外研修へ!

歯周病学や小児歯科学など、口腔保健のより専門臨床的な分野と併せ、歯科衛生士の3大業務である歯科予防処置や歯科保健指導、診療補助の基礎といった技術的な面も演習や実習を通して学んでいきます。
また、歯科医療先進国で行う海外歯科医療研修もあります(希望者)。

3年次 多彩な施設で臨床・臨地実習、現場での実践能力を修得!

口腔機能リハビリテーションや 看護技術など、「チーム医療」を意識した学びはその領域もより広範囲に。
後期からは、いよいよ一般&専門歯科クリニックを中心に様々な施設での実習が始まります。
歯科衛生士として実際に働くための実践力を養っていきます。

4年次 4年間の集大成としての卒業研究と、充実の実習。めざすは国家試験合格。

学生が主体的に研究テーマを設定し、研究報告書の作成を通じて、口腔保健学を科学的に推進する能力を身につけます。
実習先も大学病院や保健施設、教育機関など幅広いフィールドが用意され、ますます充実。学科・大学の強力なバックアップ体制のもと、国家試験の準備も行い、春にはいよいよ国家試験の本番を迎えます。

MODEL SCHEDULE (1年次後期)

MODEL SCHEDULE (1年次前期)

  Mon. Tue. Wed. Thu. Fri.
1限 情報処理演習Ⅰ 英語会話Ⅰ
生物学・化学 澤山保羅と建学の精神  
2限 口腔保健指導Ⅰ 初年次セミナーⅠ 社会福祉論   口腔衛生学Ⅰ
3限 チャペル・アワー 免疫・微生物学 生理学 口腔解剖学・
口腔組織発生学
口腔保健学入門
4限 口腔保健学概論 臨床歯科医学概論   女性と生命 健康とスポーツ
(実技)
5限       日本国憲法  

今注目されている「歯科衛生士」(国家資格)って?

健康な歯や口腔内の健康は何歳になっても大切。それを支えるのが「歯科衛生士」です。最近では学校や企業など活動の場が広がっています。人の生きる力をサポートする仕事として大きな期待が寄せられています。

歯科衛生士の3大業務

01 歯科診療補助

歯科診療が安全かつスムーズに行えるよう歯科医師と共同で患者さんの診察にあたります。

02 歯科保健指導

患者様のお口と健康のため、赤ちゃんからお年寄りまで、ブラッシング(歯磨き)や栄養(食生活)指導で歯の大切さを伝えます。

03 歯科予防処置

歯科医師の指導を受け、歯周病の原因となる歯垢や歯石を取り除いたり、虫歯を予防するための処置を行います。

歯科衛生士のお仕事は?
  • 口腔衛生で患者さんの健康を考えます
  • 出産・産休後も再就職しやすく子育て中の人でも働きやすい
  • 国家資格だから再就職にも強い
  • 専門職なので一生の仕事にできる
  • お給料が良い
  • 残業が少ない

データで知る。歯科衛生士の魅力

歯科医院以外にも広がる就職先

年齢を問わず働く事が出来る

歯科衛生士と歯科助手の違い

平均年収と残業時間の推移

自分らしく働きたい やりがいを持って働きたい 専門的に働きたい

そんなあなたには医療分野がオススメです!

女性の社会進出が進むなか、結婚や出産、子育てなど家庭と仕事との両立が大きな課題になっています。だからこそ、ワーク・ライフ・バランスが保ちやすい医療分野の仕事がオススメ。なかでも注目されているのは、看護師歯科衛生士です、求人倍率が高く、国家資格をいかし女性が中心となって第一線で活躍。専門性の高い知識と技術が求められますが、一生の仕事としてやりがいを持って働くことができます。

厚生労働省「平成24年衛生行政報告例(就業医療関係者)」その他、厚生労働省発表資料より作成

厚生労働省「平成24年衛生行政報告例(就業医療関係者)」
その他、厚生労働省発表資料より作成

専門知識と技術を学び活躍する女性になろう!

医療の高度化に伴い、より専門性の高い知識や技術がますます求められています。くわえて人について理解を深め、人を思いやる「人間性」も必要。治療を受ける患者と、その家族に寄り添いサポートしていくことが医療人としての使命です。4年制大学では専門知識、一般教養、そして高度な技術と合わせて「コミュニケーション能力」や「ヒューマンケア能力」を修得することができます。だからこそ、地域や社会に貢献できるスキルが身につきます。

ヒューマンケア能力って?

梅花女子大学なら看護学・口腔保健学を深く学べる!

4年生大学の強みをいかし、人と向き合う医療を学んでください。

梅花女子大学の看護保健学部はこれまでの医療人を輩出してきた経験をいかし、4年制女子大学として全国で初めて歯科衛生士養成課程のある「口腔保健学科」を設置。2つの学科が連携しながら学べる環境を整備したことで、ますます高いレベルの実践教育が可能になりました。看護師をめざすうえで基礎となる「看護学」は人と向き合い、どのようにケアをすれば最善なのかを考える学問。あらゆる角度からの視点でなにが必要なのかを判断し、患者を援助します。「口腔保健学」も「看護学」と同様に、人の健康を支える使命があります。口腔ケアを通して単にむし歯予防をするだけでなく、全身の健康を保持増進することが求められています。大学で「看護学」や「口腔保健学」を学ぶ意義、それは一般教養の知識を得ながら多くの人と関わることでコミュニケーション能力が高められ、医療人としての強い基盤を築けることにあります。「看護学」や「口腔保健学」は決して難しいものではなく、誰にでも志せる学問。将来は、「病院」「福祉施設」「学校」「大学」「研究所」「国際医療機関」などさまざまな可能性に向かって進むことができます。人間に関心を持っている受験生は勇気をもってチャレンジして欲しいと思います。

学部長 河村 圭子教授

学部長
河村 圭子 教授