学費・バックアップ制度 入学検定料免除制度

入学検定料免除制度

受験生の経済的負担軽減のため、入学検定料免除制度を設けています。

入学検定料免除制度について(PDF)

制度内容

  • ・初めての出願時に、入学検定料(30,000円)を納入すれば、
    同一年度内に限り、2回目以降の出願は入学検定料が無料となります。
  • ・最大3学科まで無料で出願できます。
    ※3学科出願が可能な選考区分は、公募制推薦入試Ⅰ期・Ⅱ期、一般入試Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期における、同一選考区分。
    ※センター試験利用入試は、入学検定料免除制度の対象外となります。

制度の流れ

2017年度 公募制推薦入試Ⅰ期Aで3学科併願する場合[情報メディア学科・心理学科・食文化学科]

1回目

公募制推薦入試Ⅰ期A ~最大3学科まで~

併願 情報メディア学科
  • ・スタンダード型
  • ・調査書重視型

入学検定料:30,000円

併願 心理学科
  • ・スタンダード型
  • ・調査書重視型

入学検定料:無料

併願 食文化学科
  • ・スタンダード型
  • ・調査書重視型

入学検定料:無料

2回目以降

2回目以降の出願は何度でも入学検定料無料

同一年度内なら2回目以降の出願は何度でも入学検定料が無料になります。
※センター試験利用入試Ⅰ期・Ⅱ期は対象外となります。

さらにチャンス!

公募制推薦入試の合格者も、本制度を利用して再度一般入試Ⅰ期を受験し、「一般S特待生」をめざすことができます。

S(スカラシップ)チャレンジ制度

年内の専願入試合格者が入学手続き学科に限り、
「一般S特待生」の権利を得るために一般入試Ⅰ期(スタンダード型)に無料で出願できる制度です。

制度内容

  • ・出願は入学手続きを行った学科のみになります。
  • ・出願は一般入試Ⅰ期(スタンダード型)のみ可能です。
  • ・入学検定料は免除されます。
  • ・既専願入試合格者のため、特待生判定結果のみ通知し、合否の結果は通知しません。

対象

専願入試のうち、年内に合格と認められた者。
(指定校推薦入試、AO入試、クラブ推薦入試、ファミリー推薦入試、学内推薦入試、社会人入試Ⅰ期、帰国生入試Ⅰ期 etc)

専願入試合格 → 入学手続き → 入学検定料無料で一般入試I期(スタンダード型)を受験可能

「一般S特待生」に認定され、4年間継続した場合の免除額

文化表現学部 情報メディア学科 2,035,000
日本文化創造学科 2,035,000
国際英語学科 2,035,000
心理こども学部 こども学科 2,035,000
心理学科 2,035,000
食文化学部 食文化学科 2,035,000
管理栄養学科 2,035,000
看護保健学部 看護学科 2,035,000
口腔保健学科 2,035,000

(単位:円)

文化表現学部 心理こども学部 食文化学部 看護保健学部
情報
メディア学科
日本文化
創造学科
国際
英語学科
こども学科 心理学科 食文化学科 管理栄養学科 看護学科 口腔保健学科
2,035,000 2,035,000 2,035,000 2,035,000 2,035,000 2,035,000 2,035,000 2,350,000 2,035,000

認定基準を満たして一般S特待生になると、入学金全額 + 授業料半額(4年間継続可)免除