梅花の魅力

梅花女子大学とは?

明治維新からまだ間もない1878(明治11)年。
澤山保羅は、日本の将来のため、女性の地位向上に向けた改革の第一歩を踏み出しました。
その夢に向かっての歩みは、キリスト教精神に基づく知育と徳育を中心とした梅花女学校(梅花女子大学の前身)の開設へとつながっています。

以来138年。梅花女子大学がめざしてきたのは、豊かな教養と専門性を兼ね備え、愛と奉仕の精神で社会に貢献できる女性の育成です。
梅花学園を巣立った学生・生徒は6万余名にのぼります。
20世紀末から世界を取り巻く環境は先行き不透明で混沌としたものへと大きく変化しました。
これまでの慣行・慣習が通用しなくなり、新たな視点、価値観をもって時代の先を見据える女性の活躍がこれまで以上に求められています。

そして、新たな時代のなか、梅花女子大学がめざすのは「チャレンジ&エレガンス」。
様々な問題に果敢に立ち向かい解決できる「チャレンジ」精神、品性と思いやりある「エレガンス」を兼ね備えた女性の育成です。
つまり、輝く女性を輩出することです。

北摂に位置する緑あふれる茨木ガーデンキャンパス。一人ひとりの学生を大切にする小規模大学の温かさ。
8学科を有する総合大学の多様性。教職員と学生が一体となって学び合う教育環境と学生同士の様々な交流。
そして、学生一人ひとりが、日々新たな感動と成長を実感できるコミュニティ。
それが梅花女子大学なのです。

魅力的な女性になれる5つの秘密

SECRET01

キリスト教主義

「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。」
(マタイによる福音書7章12節)

SECRET02

歴史と伝統

名門の誇り。
「梅花物語」それは1878(明治11)年から始まった。

SECRET03

女子力

美しく輝く女性に。
めざすはチャレンジ精神溢󠄀れるエレガントな女性。

SECRET04

少人数教育

一人ひとりの、温かい心の交流。
全学生・教職員が共に学び成長し合う、感動の日々。

SECRET05

花と緑のキャンパス

北摂の丘にある心の安らぎの場。
そして大きな夢に向かって。

梅花女子大学の学び

小規模でアットホームな校風の女子大学。小さくても、多様な学部学科を持ち、広く深くそして楽しく学べるのが梅花女子大学です。
入学すると、すべての学生は「エレガンス科目」群を履修します。
大学で学ぶための基礎を築くと同時に、思いやりと教養をもった芯から美しい女性となるための学びです。

次に、学年が進むにつれて、専門力(資格を含む)や問題発見・問題解決力を身につける「チャレンジ科目」群へと学びを深めます。さらに集大成として卒業研究(ゼミ)で担当教員から研究テーマについて深く学び、自分の生涯の研究分野を発見します。

教員と学生の双方向の「対話型授業」。
ゼミなど、学生同士が課題テーマについて共に語り合う「グループ型授業」。
実験実習や海外研修などの「体験型授業」。
これらの授業を通して、日々、学生は成長を確かなものとします。

また、学校行事やクラブ活動など、学生主体の活動には、学生同士の温かい交流や感動が満ちあふれ、友との生涯の友情が培われます。
こうして4年後には、あなたはエレガントさとチャレンジ精神を持ち合わせた「社会が期待する輝く女性」となって巣立っていく。

これが梅花女子大学の学びです。

めざすは世界で活躍するチャレンジ力あるエレガントな女性
エレガンス科目

チャレンジ科目

  • 文化表現学部 情報メディア学科
  • 文化表現学部 日本文化創造学科
  • 文化表現学部 国際英語学科
  • 心理こども学部 こども学科
  • 心理こども学部 心理学科
  • 食文化学部 食文化学科
  • 看護保健学部 看護学科
  • 看護保健学部 口腔保健学科
  • 食文化学部 管理栄養学科