学費・バックアップ制度 特待生制度

特待生制度

初めて受験する人も、年内の入試を受験した人も、一般入試Ⅰ期(スタンダード型)を受験して『一般S特待生』をめざすことができます。
基準を満たして『一般S特待生』になると、入学金全額と授業料半額(4年間継続可)免除になります。

特待生制度について(PDF)

POINT

ここがスゴイ!

一般S特待生<Sチャレンジ制度対応>入学金全額+授業料半額(4年間継続可)免除

初めて受験する人も、年内の入試を受験した人も、一般入試Ⅰ期(スタンダード型)を受験して『一般S特待生』をめざすことができます。
基準を満たして『一般S特待生』になると、入学金全額と授業料半額(4年間継続可)免除になります。

初めて受験する人

受験 一般入試Ⅰ期

検定料:30,000円

年内に受験した人(特待生の人も含む)

Sチャレンジ制度

・専願入試で合格した人
・指定校推薦入試 ・AO入試
・その他の専願入試で合格

入学手続き

入学検定料免除制度

併願入試で合格した人や、
年内の入試で不合格となった人

一般入試Ⅰ期受験

既に特待生に認定された方も、チャレンジ可能!
検定料無料で一般入試Ⅰ期にチャレンジできる!

一般S特待生(認定基準を満たした人)入学金全額+授業料半額(4年間継続可)免除

特待生制度一覧

一般S特待生

選考区分:一般入試Ⅰ期(スタンダード型)

認定基準

受験学科の合否判定総点の得点率が70%以上かつ、合格者の上位20%以内の者。

入学初年度の免除内容

入学金全額免除 + 授業料半額免除

継続可能期間

4年間継続可

  • 継続するには、本学所定の単位(年間最低20単位以上修得かつ1年目:31単位以上、2年目:62単位以上、3年目:93単位以上)を修得することに加え、成績基準を満たすことが必要です。

センター試験利用特待生

選考区分:センター試験利用入試Ⅰ期・Ⅱ期

認定基準

受験学科の合否判定総点の得点率が70%以上かつ、合格者の上位20%以内の者。

入学初年度の免除内容

授業料半額免除

継続可能期間

4年間継続可

  • 継続するには、本学所定の単位(年間最低20単位以上修得かつ1年目:31単位以上、2年目:62単位以上、3年目:93単位以上)を修得することに加え、成績基準を満たすことが必要です。

指定校特待生

選考区分:指定校推薦入試

認定基準

高等学校第3学年1学期までの全体の評定平均値が3.8以上の者(看護学科のみ4.3以上)

入学初年度の免除内容

入学金全額免除

指定強化クラブ

選考区分:クラブ推薦入試Ⅰ期・Ⅱ期(募集種目:チアリーディング、洋弓(アーチェリー)、硬式テニス、卓球、書道)
該当者:入学後、募集種目で活動する者。※特待生の認定は、出願時までの成績で行います。

認定基準

S特待生:

指定強化クラブAの基準を満たす者のうち特に優秀な成績を収め、本学が特待生としてふさわしいと認定した者(団体種目・個人種目は問わない)。
特に優秀な成績とは、全国大会等で上位入賞や国際大会出場等(日本代表選手等)、もしくはそれと同等の実績。

A特待生:

都道府県の大会等で3位以上、もしくはそれと同等の成績を収め、本学が特待生としてふさわしいと認定した者(団体種目・個人種目は問わない)。

B特待生:

都道府県の大会等で優秀な成績を収め、本学が特待生としてふさわしいと認定した者(団体種目・個人種目は問わない)。
優秀な成績とは、都道府県の大会等において概ね8位以内、もしくはそれと同等の実績。

  • 書道の基準については入試センターまでお問い合わせください。

入学初年度の免除内容

S特待生:授業料全額免除
A特待生・B特待生:授業料半額免除

継続可能期間

S特待生・A特待生:4年間継続可

  • 入学後、学業とクラブ活動の両立が不可能になった場合は、それ以降の特待生資格は失います(B特待生も同様です)。
    指定強化クラブS・A特待生を継続するには、本学所定の単位(年間最低20単位以上修得かつ、1年目:31単位、2年目:62単位以上、3年目:93単位以上)を修得することが必要です。
入学後にもチャンスあり

学長奨励 年額30万円免除

年度末評価の上位者(本学所定の単位を取得し、
かつ各学年・各学科における全学生の上位3%以内の者)が対象となります。

  • 授業料免除には、施設設備費・教育実習費・諸費用は含まれません。
  • 休学した場合は、特待生資格を失います。
  • 特待生制度は併給できません。
  • 継続の対象は授業料のみです。

免除額

免除額について(PDF)

最大免除額

(単位:円)

  文化表現学部 心理こども学部 食文化学部 看護保健学部 継続可能期間
情報
メディア学科
日本文化
創造学科
国際
英語学科
こども学科 心理学科 食文化学科 管理栄養学科 看護学科 口腔保健学科
指定校特待生 200,000 200,000 200,000 200,000 200,000 200,000 200,000 200,000 200,000  
指定強化クラブS特待生 3,670,000 3,670,000 3,670,000 3,670,000 3,670,000 3,670,000     3,670,000 4年間継続可
指定強化クラブA特待生 1,835,000 1,835,000 1,835,000 1,835,000 1,835,000 1,835,000     1,835,000 4年間継続可
指定強化クラブB特待生 410,000 410,000 410,000 410,000 410,000 410,000     410,000  
一般S特待生 2,035,000 2,035,000 2,035,000 2,035,000 2,035,000 2,035,000 2,035,000 2,350,000 2,035,000 4年間断続可
センター試験利用特待生 1,835,000 1,835,000 1,835,000 1,835,000 1,835,000 1,835,000 1,835,000 2,150,000 1,835,000 4年間継続可

初年度学生納付金比較

免除前

(単位:円)

  文化表現学部 心理こども学部 食文化学部 看護保健学部
情報
メディア学科
日本文化
創造学科
国際
英語学科
こども学科 心理学科 食文化学科 管理栄養学科 看護学科 口腔保健学科
初年度学生納付金 1,375,010 1,355,010 1,385,010 1,375,010 1,395,010 1,445,010 1,545,010 1,818,150 1,498,150

免除後

(単位:円)

  文化表現学部 心理こども学部 食文化学部 看護保健学部
情報
メディア学科
日本文化
創造学科
国際
英語学科
こども学科 心理学科 食文化学科 管理栄養学科 看護学科 口腔保健学科
指定校特待生 1,175,010 1,155,010 1,185,010 1,175,010 1,195,010 1,245,010 1,345,010 1,618,150 1,298,150
指定強化クラブS特待生 555,010 535,010 565,010 555,010 575,010 625,010     678,150
指定強化クラブA特待生 965,010 945,010 975,010 965,010 985,010 1,035,010     1,088,150
指定強化クラブB特待生 965,010 945,010 975,010 965,010 985,010 1,035,010     1,088,150
一般S特待生 765,010 745,010 775,010 765,010 785,010 835,010 935,010 1,118,150 888,150
センター試験利用特待生 965,010 945,010 975,010 965,010 985,010 1,035,010 1,135,010 1,318,150 1,088,150

POINT

例えば食文化学科では一般S特待生になると、4年間2,035,000円が免除されます。

合格

初年度免除額200,000円

指定校推薦入試で食文化学科に合格し、指定校特待生に認定

入学手続き

一般入試Ⅰ期(スタンダード型)で食文化学科に出願

一般S特待生に認定されると

4年間免除額2,035,000円

入学金全額+授業料半額(4年間継続可)免除

一般S特待生に認定されなくても・・・

初年度免除額200,000円

(他の選考で認定された特待生資格は失われません)

一般S特待生(一般入試Ⅰ期)には他の選考で特待生になった方や、専願入試で合格された方でもチャレンジできます(Sチャレンジ制度)。
(注)免除額は2016年度学生納付金(実績)を基に算出しています。